ホルモンバランスサプリランキング最新版

ホルモンバランスサプリランキング最新版

ホルモンバランスを整えるサプリランキングはこれ

ホルモンバランスの乱れとニキビ

 

ホルモンバランスの乱れによって、ニキビができやすい状態になります。その原因は、男性ホルモンの作用によるもので、皮脂の分泌が増えて、毛穴に存在する雑菌などになってニキビができやすくなります。男性ホルモンは、男性だけに分泌されるものではなく、女性にも分泌されているホルモンで、女性ホルモンも男性にも分泌されているホルモンです。

 

男性ホルモンは、「テストステロン」といい、男性の場合は、精巣から分泌されていますが、女性は卵巣から分泌されています。また「アンドロゲン」は、副腎皮質から分泌されています。男性ホルモンは、皮脂を多く分泌させ、角質層を厚くする働きがあります。これによって、ニキビができやすくなります。

 

女性が分泌している男性ホルモンは、男性が分泌される量に比べるとおよそ10分の1程度ですが、女性にとっても必要なホルモンなのです。そのため、男性の方が皮脂の分泌が多く、ニキビができやすく、皮脂による肌のテカリなどが目立つのです。男性ホルモンは、皮脂の分泌を増やすだけでなく、角質層が厚くなることで、毛穴を狭めてしまうので、余計にニキビができやすい肌環境になってしまいます。

 

皮脂の分泌が多いと感じたときは、よく泡立てた洗顔料で、やさしく洗顔をするなどして対応するとよいでしょう。このような状態のときに、皮膚を刺激すると、皮脂の分泌が多くなる場合もあるので、あまり刺激の強いものを使わないようにしましょう。

 

男性ホルモンの分泌が過剰になる原因には、「コチゾール」という抗ストレスホルモンの作用があり、副腎皮質から分泌されています。ですから、ストレスが強いと、ストレスを緩和しようとして副腎皮質から「コチゾール」が多く分泌されるようになります。ストレスを強く感じると、コチゾールの分泌が多くなるので、慢性的なストレスはニキビができやすい状態が続くということになります。ストレスが続いているときに、顔の顎のラインなどにニキビができるのはこのためなのです。

 

ストレスと上手に付き合いホルモンバランスを整える

 

慢性的にストレスを感じていると、体も重く、だるいという状態が続きますが、そのほかにも生理が遅れたり、肌が荒れたりすることがあります。ストレスが体や精神面に与えるのは、なぜなのでしょうか。

 

ストレスを感じていると、脳では交感神経が優位になり、緊張や興奮した状態になります。これを抑えるために「アドレナリン」というホルモンが分泌して、血管を収縮させたり、血圧を上げたりしています。また、瞳孔を拡げ、腸を弛緩して、気管支を広げて、心拍数を増やしています。これによって、ストレスによって体が痛むのを守ろうとしているのです。しかし、アドレナリンがストレスによって、分泌量が多くなっている状態は、体の免疫力が下がって、体の外側からの影響を受けやすくなります。

 

また、このような状態は自律神経の乱れの原因になって、いろいろな体の不調が現れるようになります。これは、脳がつかさどる作用による場合があります。私立神経をコントロールしているのは、大脳の視床下部に当たりますが、視床下部の作用によって、自律神経が「交感神経」や「副交感神経」の2つから成り立っており、体の状態や生活のリズムに合わせて、自動的に切り替わって作用しています。

 

この大脳の視床下部のすぐそばに脳下垂体があって、体の臓器を正常に働かせるために、いろいろなホルモンが分泌されています。そのため、ホルモンの分泌が乱れると、自律神経の働きも乱れるようになるのです。そして、自律神経の働きが乱れると、それを整えようとして、ホルモンの分泌が促されるようになります。
このように、ホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れは関連性があり、お互いがお互いの作用を助けるために、作用しあっています。ですから、体がストレスを感じていると、ホルモンの作用によって、何とか整えようとして分泌量を増やしたり、減ったりしているのです。ストレスを感じないで、日常生活を送るのは難しいですが、ストレスを感じても上手く発散できるように趣味を見つけたり、運動をしたりするとよいでしょう。

 

ホルモンバランスとシミ

 

生理中や妊娠中はお肌が敏感になっている時期です。外的刺激に弱くて、紫外線の影響もよく受けるようになります。また、この時期はメラニンの生成がされやすくなるという説もあります。生理中、妊娠中は普段以上に刺激や紫外線に気を付けたいところですね。

 

特に赤外線への感受性が高まっており、シミや肝班ができやすいです。この肝斑(かんぱん)とはどんなものかというと、治りにくいシミの一種です。両頬に色素がぼや〜っと広がるのが特徴です。若いとホルモンバランスが整うことでシミや肝斑が薄くなることもあります。しかし、歳を重ねると、治りにくい上に色素沈着して目立ちやすくなります。

 

女性ホルモンの影響で外的刺激、紫外線でお肌トラブルが起きやすくなります。そんな時期こそ紫外線からお肌を守って、シミ予防をしたいですよね。日頃から日焼け止めをつけたり、日傘や帽子を利用して紫外線対策をすることができます。

 

また、美白効果のある化粧品でのスキンケアで、メラニン色素の沈着が起きないようにお肌を整えてあげると良いでしょう。特にハイドロキノンという成分が含まれている化粧品や、ホルモンバランスを整えるサプリは有効的です。ハイドロキノンは肝斑の治療薬にも含まれていて、美白効果が高く期待されるのです。

 

また、できてしまった肝斑を内服で治療する方法もあります。皮膚科の治療で使用される、トラネキサム酸配合のお薬が、シミや肝斑を薄くするのに効果的な内服薬です。

 

市販のお薬にもこのトラネキサム酸が配合されているものが売られているので、試してみるのも良いかもしれません。不安であれば、皮膚科を受診して処方してもらうのが良いですね。

 

シミや肝斑ができると、それだけで憂鬱な気持ちになりますね。目立ってくると気にしすぎでストレスになり、また女性ホルモンに悪い影響を与えかねません。紫外線対策をしたり、お薬の内服という方法もあるので試してみるのも良いと思います。

 

更新履歴

copyright 2015 ホルモンバランスサプリランキング最新版 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。